スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
微妙な変化
2009/05/01(Fri)
作戦開始から半年経ち、変わってきた事。

・歩くのが楽になった

去年の旅行で置いて行かれた事がトラウマとなっていたのだが、先日の東京旅行では毎日10000から15000歩歩いても、全く膝が痛まなかった。
膝にかかる負荷は、歩いている時は体重の2~3倍、走っている時は4~5倍なのだそうだ。
…とすると、去年の自分は四六時中松本明子を背負って歩いていたということになる。
そりゃあ足も腰も痛くなろうというものだ。

歩いても痛まない膝がうれしくて、最近買い物も徒歩で行くようになった。
まだまだ体重は標準オーバーなのだが、もっと楽に動けるようになりたいので頑張っている。

蛇足だが↑の「松本明子」は、たまたま「45kg」で検索したら↓の本が出てきたので「具体的な例えとして入れてみた。」(爆)

私はこうして松本明子一人分痩せた。―約45kg私はこうして松本明子一人分痩せた。―約45kg
(2000/03)
三原 麻衣子

商品詳細を見る


・内臓脂肪が減った

これは耳ツボのサロンで、先日計ってもらった。
今のところCTの予定は無いのだが、脂肪肝が少し解消していたらいいなと思う。

・血圧が下がった

手術の後、血圧が高くてしばらく循環器に通っていた。
薬を飲むか飲まないかギリギリの所で、毎朝晩血圧を測って一か月に一度見せに行っていたのだが、最近は正常値に近づいてきたので期間を置いて様子を見ましょう、という事になった。
「脱・高血圧」は確実に近づいている。

・嗜好が変わった

減量を始めた時は夏だったので、一番キツいと思った事は「アルコールを飲めない」事だった。
量はそこそこだったがお酒は好きな方だったし、我慢しているのに横でグビグビ喉を鳴らして飲まれたりしたらたまらないので、減量を始めると決めた時に夫には「ビールは私が寝てから飲んで!!目の前では絶対飲まないで!!!」と厳命していた。

が。

何の加減でそうなったのかはわからないが、「なんでも半分」の食事の量に慣れた頃からアルコールについてはどうでも良くなった。
「飲みたい」とも思わないし、冷蔵庫の中にあっても別にどうとも感じない。
だから夫が目の前で飲んでも、全く平気。
これは本当に不思議だった。

それから、食べ物の好みも変わった。
胃が小さくなることでお腹に入る量が決まってしまって、少しの量しか食べられないなら栄養的にバランスの取れた食品を食べたいと考えるようになったからだと思うのだが、とにかく揚げ物類を食べる機会は大幅に減った。

料理もあっさりした和食系の物ばかり好むようになったのだが、これは減量の為と言うよりは年のせいかもしれない。(;´Д`)←自分で言っておいて鬱
この記事のURL | 減量大作戦 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。