スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
減量ための5カ条
2009/04/20(Mon)
1.食事は何を食べてもいい。但し量は半分にすること。
2.水を1日に3リットル飲む。
3.毎回食べた物を記録する。
4.朝と夜の2回、体重を量る。
5.寝る3時間前は、食べない。


1.食事は何を食べてもいい。但し量は半分にすること。

初めてサロンに行った時、白い平皿を渡されて「おかずはワンディッシュにして、これにのる量にして下さい」と言われた。
「山盛りでなく、平らにして下さい」とも。

─半分じゃないじゃん。(´・ω・`)

その日の昼食から実行したのだが、三種類のおかずをちょっぴりずつ皿にのせたら、なんだかあまりにも量が少なくて、これからしばらくこれなのかと涙が出た。(TдT)

あと、「何を食べてもいい」だが、これは外食の時に半分にするという事で、「家では野菜中心に、バランスの良い食事を取ってください。きちんと栄養を取らないと、痩せません。」と言われた。
食事の量を半分にするのは、最初の内はなかなかしんどかったが、一か月ほどで慣れた。
何より最初の一カ月は目に見えて体重が減っていった為、頑張れたこともある。
その後1~3月は娘の受験ストレスで停滞期に入ったが、その頃には「腹八分目」に胃が慣れて、本当に半分の量しか食べられなくなっていた。

2.水を1日に3リットル飲む。

「そんなに沢山?」と思われるだろうが、朝・昼・夜の三回に分ければそれほど大変ではなかった。
トイレの回数は増えたが、お陰で今年は膀胱炎にならずに済んだ。

3.毎回食べた物を記録する。

カロリー計算ではなく、重さを量って記録するだけなので楽だった。
最初にもらった皿で「ワンディッシュ」にすると各々のおかずの量がわからないので、結局小さな皿に一品ずつのせて食べるようになった。

4.朝と夜の2回、体重を量る。

朝は体脂肪+体重、夜は体重。
不思議な事に、朝と夜の体重差が小さいと体重が落ちるなど、毎日記録していると法則がある事がわかってくる。
朝と夜の体重が同じだと、「痩せの波キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と言って早寝したりしていた。

5.寝る3時間前は、食べない。

これは厳密に守った。
案外意思が固かったんだと、ちょっと自分を見直したりした。
この記事のURL | 減量大作戦 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。