スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
入院17日目(術後15日目) 
2008/05/05(Mon)
2007年8月22日

朝K医師が来て、もう残尿検査はしなくても良いと言われた。これで眠い時に寝られる。
夜、「そろそろ寝ようか」という時になってからトイレに行き導尿してもらうと眠気がどこかに行ってしまい、いつも眠れなかったのだ。
深夜までラジオや音楽を聞いて再び眠くなるのを待った日々よ、サヨーナラ。(・∀・)/~~

今日の「お仕事」は夕方の診察だけなので、残り少ない入院時間をのんびりと楽しんでいた。

……相変わらず暑かったけど。(;^_^A

病院なのに、常時30度以上あるのってどうなのかと思う。
本州の人は暑さに強いのだろうが、北海道民は暑さに免疫が無いのだ。
病状に影響は無いのだろうか?

あんまり暑いのでシャワーしても数分と置かず汗が噴き出し、なんにもならない。(;´Д`)
ダラダラ汗をかきながら甲子園の決勝戦を見ていたら、看護師さんがアイスノンを配ってくれた。
首の後ろに置くとかなり涼しい。
看護婦さんの気遣いでどうにか午後の一番暑い時間を乗り越える事が出来た。

昨日胆石を取ったFさんは、今日もベッド上療養。トイレの時は車椅子を持ってくるのでナースコールして下さいと言われている。
…にもかかわらずちょっと目を離すとチョロチョロ洗濯に行ったりして、看護師さんを絶句させていた。
トイレの回数も、看護師さんを呼んだ回数の2倍は自分で歩いて行っていた事を私とNさんは知っている。(-_-;)

夕方、退院前の診察。
退院後の生活についての注意を受けた。

これから一ヵ月に一度病院に通って様子を見て行く事になる。
まずは痩せるように、と注意されてしまった。
排尿障害に関してはK医師も泌尿器科のお医者様と同じ意見で、徐々に回復していくだろうとの事。
ただ、膀胱の機能が落ちているので膀胱炎には気をつけるように言われた。

その他に何か気になる事はありますか、と聞かれたので、手術の後からずっと左の太ももが痺れている事を伝える。
痺れていたのは気が付いていたのだが、シャワーの湯をかけた時熱さを感じない事に気付いたのだ。
「リンパをいじったので、それが原因だと思います。」
と言われた。
もし痺れがひどくなるようなら、麻酔科を紹介してくれるそうだ。
でも今の所歩けないという訳ではないし、直接困っている事もないので様子見する事にした。

診察の後、中心静脈カテーテルを外す。
実は7階に移動した為か、日にちが今日までずれこんでいたのだ。
半月の間ずっと体の中に入っていたチューブ。
思えば長い付き合いだった。

ずっとテープで首が痒くて、真っ赤になっても掻くとあとが残るので我慢していたのだが、あんまり痛々しかったのか看護師さんが軟膏を塗ってくれた。
ありがたやありがたや。
K病院の看護師さんはどの人も優しくて、沢山沢山お世話になった。

首の点滴が無くなったら、体の自由度が一気にアップしたような気がする。
実を言えばチューブを固定していたテープも蒸れて暑かったのだ。

夜は相変わらず暑くて寝苦しくアイスノンのお世話になったが、それももう一晩の我慢。
明日は退院だ。
この記事のURL | 入院中の出来事 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。