スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
入院15日目(術後13日目)
2008/05/04(Sun)
2007年8月20日

朝食の後まったりしながら「昨夜も暑くて汗っぽいから、今日もシャワーしよう…」などと考えていたら、婦長さんが来て
「Ybirdさん、お願いがあるんですが…」
深刻な顔で何かと思えば、部屋を変わって欲しいとの事。
退院まであと少しなのに…と思ったが、婦長さんがものすごく申し訳なさそうなので、断るのも気の毒だし了承した。
当初の予定では入院は2週間だったのだが、残尿が多い関係で少し伸びているので、病室のやりくりがつかなくなったのかもしれない。

さてそれからが大騒ぎ。
婦長さんは9時に来たのだが、引越しは10時と言う事でドタバタと身の回りの物をまとめ、準備をした。
カバンから出して棚に入れるより、棚から出して荷物をまとめる方が遥かに手間がかかる。
いっそベッドと消灯台ごと引っ越せたらいいのにと思った。

用意をしている間にも点滴が来たりして、「お引越しなの?」と集まってきた同室の皆さんともゆっくり別れを惜しむ暇も無いまま部屋を移る時間になってしまった。
今までは2階だったのだが、移動する部屋は7階の混合病棟。
排尿障害が残っているので泌尿器科になるのかとふと思ったのだが、看護師さんに聞くと違うと言う事だった。

そして上に行くエレベーターの中で婦人科の看護師さん曰く「7階は常夏の国ですよー。」

(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

今でも十分に暑いのに「常夏の国」って!!

着いた7階は見晴らし抜群。全室南向きで日当たり最高。

日当たり良すぎて滅茶苦茶暑いって!!!!

部屋に入って早々、看護師さんに「点滴してるから大丈夫だと思うけど、水分をちゃんと取って脱水症状にならないようにして下さいね」って言われてしまった。
……それってどうよ。_| ̄|○

荷物を片付けて昼食を食べて、少し落ち着いたと思ったら今度は泌尿器科に呼ばれた。
……上がったり下りたり……。(-_-)
診察の結果、とりあえず明日検査してみる事になった。

常夏の国・7階は夜になってもやっぱり「常夏の国」で、暑くて寝苦しくて夜中に何度も目が覚めた。
景色は何も見えなかったけど、前の部屋の方が涼しくて寝やすかったよ……。(涙)
この記事のURL | 入院中の出来事 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。