スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
定期健診(2009/5)
2009/05/25(Mon)
二ヶ月に一度の定期検診。

診察の際、少し気になっていた胸の違和感について言ってみた。

痛いと言うのではないが、胸がなんとなく…ほのかにじくじくする状態が十日ほど続いていたのだ。
変な感じなのは脇の方で、両胸の時もあれば片方の時もある。
乳ガンだと両方と言う事はないと思うのだが、一応小さな事でも今まで無かった症状なので、一応話す事にした。

来月乳ガン検診の予定があることも伝えると、何か大きな変化がない限り、検診まで様子を見ても良いのではないかという答え。

その後はいつもの内診と、再び診察。

中待合の椅子に座っていると、先輩の後ろを子鴨のように付いて歩く新人看護師さん達や手持ち無沙汰にうろうろしている研修医が目の前を横切って、春だなぁと和んでしまった。
(そして、「おたんこナース」の似鳥さんの新人時代の「クラゲ」を思い出してしまった)

内診を終えてからの診察の時、K医師が「あっ!」と叫ぶので何かと思ったら
 「前回、漢方薬出すの忘れてた!!!」 

ピンポーン。正解です。(笑)

この前の三月の検診の時、K医師はかなり忙しそうでバタバタしていて、こちらも診察が終わってから行く所があったのでちょっと上の空だった。
テンパってる医師と心ここにあらずの患者という最悪のコンボで、薬を出してもらっていなかったと気付いたのは、その日の夜布団に入ってから。(大爆)

でも実の所、減量を始めてから体調がかなり良くなっている事は感じていたので、二カ月漢方薬を飲まずに様子を見てみようかな、と自分で勝手に決めた。

五月に入って少々体調不良の日が続いたりしたが(←でもこれは多分張り切りすぎた反動)、のぼせもほてりも突然の大量の発汗もなく、おおむね体調は良好だった。

↑…というような事をかいつまんで話したら、K医師曰く

「じゃ、やめよう!!飲まなくていいなら、それに越した事はないんだから!!」 
そんなあっさり決めていいんですか先生。(;´∀`)

完全に止めてしまうのも何だか不安で、とりあえず「このまま良好な状態が続けばいいけれど、何かの拍子に変わる事もあるかもしれないので、その時はまた処方して下さい」とお願いしてきた。


今日は診察も採血もトントン拍子に進んで、病院を出たら10時。
実はスイミングの日で、朝は行く気満々だったし、事実家に帰ってから支度をしても十分間に合う時間だった。
……のだが、今日の内診は何故だかやたらと痛くて、帰ってからもお腹の調子が悪かったので結局休んでしまった。

内診を受けると、気力も体力もごっそり持っていかれる気がするのは私だけだろうか。(-_-;)
この記事のURL | 退院後の生活~2年目まで~ | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。